クラミジアの治療には、長い期間をかけて治すことが主流でした。中々そんなに長い時間をかけていられない!という方も多いと思います。ジスロマックはたった1回の服用で済み、薬の効果が7日ほど続き、その間で治るのが90%と高確率!

2016年08月の記事一覧

胎児に影響がないジスロマック!妊婦でも安全に使用可

ジスロマックは、マクロライド系と呼ばれる抗生物質で、細菌の蛋白合成を阻害することで、優れた抗菌作用を発揮する薬です。
主に粘膜を通じた真性細菌の感染によって引きおこされるクラミジアなどの感染症に用いられますが、そのほかにも、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎など細菌が関係する病気の治療薬として処方されます。
ジスロマックを口から水と一緒に服用することで、腸から血液に有効成分が吸収されて、血液中の白血球によって、全身を巡り、病原菌の周辺で作用します。
そのため、ジスロマックを必要量服用することで、効果が持続し、連続して何度も服用する必要がなく、また多くの抗生物質が妊娠中の服用が禁止されているのに対し、ジスロマックについては、妊娠中であっても比較的安全に投与できるというのが特徴です。

妊娠中にクラミジアに感染した場合、子宮頸管炎から絨毛膜羊膜炎に発展すると、プロスタグランジンが産生されて、子宮収縮が起こり、流産や早産のリスクが高まります。
また新生児への影響は、産道感染によって結膜炎や肺炎が発症することもありますから、胎児に対して安全性の高いジスロマックは、非常に有効といえます。
クラミジアは放置していると流産や早産、新生児への感染の危険性がありますから、必ず服用する必要があります。
参考資料によると、妊婦のクラミジア子宮頸管炎は、薬99.6パーセントの除菌率とかかれています。男性の場合、ジスロマック1gでは60~70パーセント程度の治癒率といわれていますから、女性の方が効果があるといえます。
クラミジアは1回の性行為で50パーセント以上の感染率があるため、夫婦であればお互い感染している可能性が高いので、二人とも治療する必要があります。

続きを読む