クラミジア治療ならジスロマック

クラミジアの治療には、長い期間をかけて治すことが主流でした。中々そんなに長い時間をかけていられない!という方も多いと思います。ジスロマックはたった1回の服用で済み、薬の効果が7日ほど続き、その間で治るのが90%と高確率!

効果が7日ほど続く!服用忘れもなしのジスロマック

細菌にはジスロマックが効果的
↑ジスロマックの購入はここから

ジスロマックは、マクロライド系とよばれる種類の抗生物質で、さまざまな感染症に効果があります。感染症というのは、すでに細菌などに感染している他人と接触をしたり、あるいはくしゃみなどの飛沫を吸い込むといったことによって、容易にうつってしまう病気のことを指しています。したがって、ひとくちに感染症とはいっても、さまざまな病名にわかれており、その原因となる病原体も、細菌、真菌からウイルスまであることになります。
ジスロマックの場合には、このなかでも主として細菌が原因となっている感染症に対して効果があり、たとえばブドウ球菌や肺炎球菌、淋菌、レジオネラ、クラミジア、マイコプラズマなどといったものが適応菌種ということになります。具体的な病名としては、リンパ節炎や咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎などといったものから、尿道炎や子宮頚管炎などまでが該当しています。
このジスロマックのすぐれたところとして、服用後の効果が長く続くということが挙げられ、一回の服用で7日程度といわれています。一般的な抗生物質の場合には、血液中の有効成分の濃度が一定以上となっている状態を継続させる必要があるため、何日間も一定の時間ごとに続けて服用しなければならないことになっています。そのため、服用忘れがあると、血中濃度が低下してしまいますので、症状がまったく改善されないといったことになってしまいます。
このように、一般的な抗生物質にありがちな弊害を避けることができるという意味で、このジスロマックという医薬品にはおおきなメリットがあり、なおかつ、ジスロマックには経口タイプの錠剤のほかにも、さらに飲みやすいドライシロップのようなタイプもあり、用量用法に微妙な違いがあります。